家

採用する意義とメリット

システム建築は、建物の構成部材の標準化を実現する新しい工法と言えます。現在、工場や倉庫、物流施設などのほか、店舗などにも適した新しい建築工法として注目を集めており、採用に乗り出す企業も急増しています。背景にあるのは、日本の建築業界において現在最大の不安となっている、労働力不足の課題です。人材不足は工事費の高騰や工事の遅延などを招く要因となり、この問題は業界内に留まらずクライアント側にとっても大きなマイナス要素になることが懸念されています。そこで、課題を解決する手段としてシステム建築に焦点が集まりました。一番の特長は冒頭で述べた部材の標準化であり、建物の構成要素である鉄骨や外壁、屋根や建具などを細かくルール化することにより、クオリティを保ったまま短工期・低価格を実現します。ディティールまで統一化された部材は、あらかじめ作成した施工図に従い、熟練工でなくても精度の高い仕事を実行させます。事実、在来工法より工期が約2割も短縮できる結果が出ているため、非常に大きな費用対効果を生むと言えます。システム建築は大手ゼネコンが手がけない小規模物件にも対応が可能であり、地方の建設会社でも容易に参入できるため人手不足などの課題の大きなソリューションです。もちろん業務用途に十分耐えられる機能性や耐久性、堅固な構造を持つ建築物の建設が可能なため、現在地方活性にも期待が寄せられている最新の工法と言えます。

プレハブではない自由度の高い工法

システマティックに構造物を建築すると聞くと、多くの人がまずイメージするのがプレハブでしょう。ただしシステム建築にそのイメージはまったく当てはまらず、そこには大きな違いがあります。システム建築には、何よりも設計の自由度があるのが特長です。プレハブ建築は規格に基づいた部材を組み合わせて建築するものですが、システム建築ではミリ単位の柔軟な設計に対応する企業も少なくありません。システム化するのは営業から施工に至るまでのプロセスであり、設計や建築に関しては用途や目的、地域環境などを踏まえて柔軟な対応がなされているのが最大の魅力です。各社とも独自の技術とアイディアを活かし、自由度とコストダウンを両立させる建築に乗り出しています。大空間を自由にレイアウトしたい、必要な機能を備えた独自の工場や倉庫、店舗が欲しいといったクライアントの要望にも十分応えられることが、この工法を採用する意義と言えるでしょう。建築業界のさまざまな課題を乗り越え、要望を満たすあらたな建築が始まっています。

広告募集中